実際にレンタルサーバーに申し込んでみよう

実際にレンタルサーバーに申し込んでみよう

様々なコツを把握し、自分に最適と思われるサーバーが見つかったら、ようやく次は申込みです。

 

基本的に、サーバーへの申込みは会社ごとに大きく異なる事はありません。

 

細部はそれぞれの会社によって相違点がありますが、大まかな流れはどこに申込んでも大体同じです。

 

 

サーバー契約までの主な流れは、一旦オンラインでの申込みから始まります。

 

その前に独自ドメインを取得したい人は、そのドメイン名を考えておきましょう。

 

あらかじめそのドメイン名に満席かを調べておくと、尚良いでしょう。

 

そうして、サーバーの申込みと同時に独自ドメインの申込みも行っておくと、手間が省けて良いですね。

 

 

申込みの際の記述は、基本的には「氏名」、「年齢」、「生年月日」、「性別」、「住所」、「メールアドレス」、「電話番号」といった情報です。

 

プライバシーはしっかり保護されるので、漏洩の心配はしなくても大丈夫です。

 

 

オンラインでの申込みが終わると、そのサーバー会社から契約に関するメールが届きます。

 

ここで、料金の支払いを行うように指示される事になります。

 

クレジットカードであれば、すぐに決済が終了するのでお勧めです。

 

 

料金を払い終わると、次はドメインの取得となります。

 

いまや独自ドメインの空きを確認していれば、粛々とドメイン名も仕上がるでしょう。

 

もしも空きがなければ、別のドメイン名を考えるか、現在のドメイン名に数字等を加えて再度確認してみましょう。

 

 

ドメイン取得が終わると、後はドメインとサーバーの設定です。

 

指示通りに行えば簡単です。

 

これで、ホームページの設置が可能な状態となります。