仮想専用サーバーとは

仮想専用サーバーとは

いくつかあるサーバーの種類の中で、他のサーバーと一線を画しているのが、仮想専用サーバーです。

 

仮想専用サーバーとは、専用サーバーの管理者権限であるroot権限を持ちつつ、共有サーバーという低価格で提供されているサーバーです。

 

英語表記だとVPS (Virtual Private Server)となります。

 

 

仮想専用サーバーは、基本的には共有サーバーです。

 

従って、通常であればroot権限はありません。

 

ただ、このサーバーの場合、仮想的に領域を独立させる事で、他者からの影響を受けがたくするという特徴があります。

 

共有サーバーの場合は通常、他のユーザーと共用で使用する事で、他ユーザーとの兼ね合いによってサーバーの性能が変化します。

 

但し、仮想専用サーバーだとそれが弱い為、専用サーバーのように利用出来るのです。

 

 

仮想専用サーバーは、独自のプログラムや商用のプログラムを利用出来る他、様々な権限が得るので、フレキシビリティーはかなり高くなります。

 

従って、専用サーバーのメリットをある程度受け継いでいるサービスということになります。

 

のに、価格は専用サーバーよりいとも安価となっているので、個人ユーザーも利用出来るのです。

 

 

このように、良い事づくめのように窺える専用サーバーですが、管理を自分で立ち向かう必須が出てくるので、ある程度の煩わしさがあるはやっぱりネックとなります。

 

また、専用サーバーよりはコストが抑え目だが、共用サーバーよりは割高になります。

 

従って、普通に個人でホームページを作りあげる場合は、割高になるかもしれません。