iPhoneとDROPBOX

iPhoneとDROPBOX

 

 

iPhone版のDROPBOXもあります。

 

DROPBOXのサービスは無料で2GBまで使えるアカウントと有料で50GB、100GBまで払えるものがあります。

 

パソコン側でどれを選択していたとしても、iPhone側では無料でDROPBOXを使うことができます。

 

アカウントは必要ですから、iPhoneのアプリから登録して取得しておくことが必要です。

 

 

iPhone版のDROPBOXではパソコンに入っているファイルデータを閲覧することができます。

 

ただしiPhone上で既存のデータを編集することはできません。

 

主に閲覧用として扱うことになります。

 

編集はできませんが、外で自宅のパソコンに入っているデータを見たいときなどに便利です。

 

 

DROPBOXではファイル名に日本語入力してもまさに使われているのに、テキストファイルなどを開くと中身の日本語は文字化けしています。

 

苦しい時折ファイル自体解くことができない場合もあります。

 

Microsoft Offieで作成した文書やKeynote文書、PDF、Pagesなどは文字化けすること無く日本語表示ができます。

 

 

iPhone版のDROPBOXでは、画像や音楽や動画、Offie系ファイル、HTML、テキストファイル、iWork、vcardsが取り扱い可能なアプリケーションです。

 

 

通常DROPBOXでは共有フォルダに入れたものだけが公開されて共有できる仕組みでした。

 

ただしiPhone版のDROPBOXでは共有フォルダに入っていないファイルについても共有できる仕組みがあります。

 

ファイルの共有専用のURLをメールに添付して送信すれば、受け取った側はそのファイルが共有されていないものでもクリックすれば閲覧することができます。

 

リンクは月間有効です。

 

 

セキュリティ

 

ファイルを預け入れるわけですからもちろん気になるのがDROPBOXのセキュリティ面です。

 

セキュリティについてDROPBOXではどのように扱っているのでしょうか。

 

 

DROPBOXのホームページによると自己責任において立ち向かうこと、どんなに情報漏えいしたとしてもDROPBOX側は責任をもたない旨が記されています。

 

二度とDROPBOXの運営会社が中身をチェックして悪質なファイルやコピーライト違反しているファイルなどがないか定期的にチェックをするとも記されています。

 

つまりDROPBOXのスタッフならばフォルダの中身にアクセスできる権限があることになります。

 

ですからよく重要なファイルは保存打ち切るほうがいいと思います。

 

もしどうも重要な内容のものを保存望む場合は、暗号化するなどの工夫をした方がいいと思います。

 

 

DROPBOXにログインする際にはアカウントやパスワードを入力しているわけですから、セキュリティは個人がこのパスワードをどのように保管するかでも変わってきます。

 

またパソコン自体もどこでどのように保管して、パスワードなどのセキュリティ設定がどうなっているのかで状態は変わってきます。

 

結局は個人次第ということになります。

 

 

しかしながらDROPBOXは便利なので、有効活用してファイルデータを保存して個人の責任の下でうまく使って出向くしかないと思います。

 

紛失、突然のアカウント削除、盗難など仮にに備えてファイルデータは更にまとめて定期的に保存しておくことをおすすめします。