MacとDROPBOX

MacとDROPBOX

 

 

Windowsと同様にMacもオンラインストレージのDROPBOXを使うことができます。

 

Macでも同様にDROPBOXをダウンロードしたあと、DROPBOXを起動することで使用開始できます。

 

 

Mac内にインストールおわりするとメニューバーの中にDROPBOXメニューが追加されます。

 

メニューから「Open My Dropbox」をクリックします。

 

「Finder」が起動して、同期しているDROPBOXの中のファイルを見分けることができます。

 

このときファイルとサーバー側のファイルを同期させるために何か特別操作をする必要はないです。

 

DROPBOXのフォルダ内にドロップするだけで同期が自動的に行われます。

 

 

同期済みのファイルはアイコンに緑のチェックマークが張り付くので一目で区別できます。

 

DROPBOXのフォルダ内において、コンテキストメニューを利用することができます。

 

便利な機能それでぜひ使ってみて下さい。

 

 

複数台パソコンを所持しているとき、2台目、3台目からも共通してファイルを触りたいとき、1台目のファイルを普通に共有して扱うことができます。

 

またWinとMac間けれどもファイルのやりとりができることになります。

 

たとえばMacのDROPBOXフォルダ内にファイルをドロップしたら、Winの画面上からみてもおんなじファイルがドロップされて来るというイメージです。

 

データの同期もなさるのでデータもいつも最新版なのが便利です。

 

ファイルを編集して上書きしたり保存したりするとその都度同期が始まります。

 

動作の履歴も見られて、上書きするたびの差分が全部バックアップされていきます。

 

ローカルファイルを共有するには大変便利です。

 

 

Portable

 

Portable版のDROPBOXがあります。

 

従来のDROPBOXはサイバーカフェなどでは使えないと考えられていました。

 

それがこのDROPBOXのPortableがでて無理ではなくなったのです。

 

 

このDROPBOXのPortable版は、USBメモリー上でDROPBOXを使うことができる優れもののソフトウェアです。

 

USBメモリーに入れることで使えるDROPBOXのクライアントです。

 

いよいよ起動するときだけアカウントを設定すればUSBメモリーの中にDROPBOX内のフォルダを同期することができます。

 

 

後は通常のDROPBOX同様にその開いたファイルを編集して更新すれば、フォルダ内と同期してファイルを更新してくれます。

 

USBメモリー上で使ってもパソコンにソフトをインストールしたDROPBOXと機能は変わりません。

 

サーバーにアップしてファイルを確認してなどという手間がない分USBメモリーの方が簡単にできると思います。

 

 

ただ注意しなければならないのは、DROPBOXの容量を無料の2GBで使用している分には比較的気にすることはありませんが、有料の50GB以上で行っている場合はUSBメモリーの容量も相当大きなものにしなければ対応できません。

 

USBメモリーを携帯しているとDROPBOXのデータにまさかのことがあったときにバックアップとして使えるので便利です。

 

しかし気軽に持ち歩ける分どこでいつ落としてしまうとも限らないので暗号化しておくことをオススメします。

 

 

パスワードの同期

 

DROPBOXにひと手間すると複数台パソコンとしていても大切なアプリデータを正しく同期するように設定できます。

 

ふさわしい設定を行えばインターネット上でパスワードの同期をすることができます。

 

こうすることでパスワードをいつでも最新の状態にしておくことができて安全です。

 

 

パスワードの管理ソフト「KeePass」を使います。

 

同期を行いたいパソコン全てにDROPBOXをインストールしておきます。

 

その後KeePassにてパスワードの同期設定をします。

 

KeePassのデータベースをDROPBOXのフォルダに移動します。

 

DROPBOXからホームページ同期ができるようにします。

 

Fileの中から「Save As」を選んでフォルダ内にKeePassを保存します。

 

 

他のパソコンからKeePassを開きます。

 

Fileの中から「Open Database」を選んでさっきDROPBOXのフォルダから同期したKeePassのデータベースを選びます。

 

これでパソコンのDROPBOXにあるフォルダの中でパスワードの同期ができていると思います。

 

今後どれか1台のパソコンでパスワードを変更したり新規作成したりした場合全てのパスワードをマスターパスワード1つで管理できているためこれだけ覚えておけば大丈夫です。

 

 

KeePassを開いたままの状態ではデータベースの更新ができないため、更新を反映したいときはとにかく一度KeePassを閉じて再び立ち上げてから使うようにしましょう。

 

これを行わないとデータの自動更新が正常に行われません。

 

 

TrueCrypt

 

「TrueCrypt」とは暗号化した仮想ドライブを始めることが出来るソフトのことです。

 

DROPBOXを使うにあたってセキュリティが心配な場合は、このソフトを活用してデータ保存すると安心です。

 

 

ポータブル版のTrueCryptをDROPBOXのフォルダの中に保存します。

 

こうすることでDROPBOXに接続していないパソコンから暗号化してあるファイルにアクセスするときの時間を短縮することができます。

 

 

TrueCryptでは普段は画面上に表示されずに必要になったときだけ認識して伸びる隠しドライブを考えることができます。

 

グングンその隠しドライブの仮想領域を見せかけ部分と本命部分にそれぞれ分けて使えるところが最大の特徴です。

 

これを上手く利用すれば、最悪この仮想ドライブの存在を他人に知られたところで、この見せかけ部分のみを見せれば次いで大丈夫ということもあるかもしれません。

 

 

DROPBOXでTrueCryptを立ち上げあたらアプリや文書などセキュリティを万全にしておきたいファイルを保存しておきます。

 

たくさんのファイルを保存して容量をとってしまったとしても、DROPBOXが同期をするときは、変更箇所のみ立ち向かうため量もそこまで多くはなく同期にも時間はかからないと思います。

 

大事なファイル、心配なファイルはすべて暗号化されたこのファイルに入れておきましょう。

 

これがDROPBOXを賢く活用する方法のひとつです。

 

DROPBOXの隠しテクニックは意外にたくさんあるのです。