ドロップシッピングとは

ドロップシッピングとは

「ドロップシッピング」とはネット上で受ける通信販売の真新しい仕組みのことです。

 

インターネット上で商品の広告をだしたり商品を販売したりする形態を意味します。

 

元は英語で「ドロップシップメント」という生産者から購入者へ直送する販売方法のことを言います。

 

この「ドロップシップメント」が派生して「ドロップシッピング」となりました。

 

 

ウェブに商品を並べているウェブサイトにおいてユーザーが商品を購入した場合、商品の発送手配を製造元あるいは卸元が直接行います。

 

商品の販売だけではなく料金の請求なども広告主やウェブサイトの管理者ではなく、製造元などが行う仕組みです。

 

つまりユーザー側からしてみると、メーカーから直接商品が支払えるということになります。

 

 

この際ウェブサイトを運営しているウェブショップには売上の一部が入ります。

 

注文が入るとウェブショップは注文の情報をベンダーに転送します。

 

商品の発送を行うこと無く、商品の在庫を抱える必要もないので、商品に触らずとして商売ができます。

 

このようにして今やウェブショップは簡単に起業できる仕事のひとつとなっています。

 

 

このウェブショップを仲介している会社があり、ウェブショップを開きたい人は会員登録をしなければなりません。

 

自ら商品価格を設定して売り出しその差額が利益となりますが、そこから仲介会社にもいくらか支払わなければなりません。

 

会員登録さえしておけば、スキな商品を選んで自社のショップで販売することができるので、商品手配の手間がありません。

 

逆に製造元や卸元などにしてみれば、販売販路を拡大できるというメリットがあることから成り立っています。

 

 

 

メリット

商売なのでさすが「ドロップシッピング」にもメリットとデメリットがあります。

 

ここでは意外とメリットをいくつか挙げていきます。

 

 

まず「ドロップシッピング」をするメリットです。

 

一番大きなものとしてどうしても仕入れルートを確保する無用ことです。

 

製造会社や卸などが用意した商品を販売するだけなので、自ら商品を買い付ける手間がありません。

 

そのため仮に商売に失敗しても担うリスクは少なくて済みます。

 

 

次に商品の注文にあたってから商品を梱包したり発送したりする業務がないことです。

 

そのためドロップシッピングではインターネットのウェブサイト上だけの操作に専念すればよく、サイト運営だけを考えていればいいのです。

 

 

価格を自分のスキな金額に設定できるため、自分でスキな利益取ることができます。

 

自分のプロモーション力によって価格設定ができるので商売がしやすいです。

 

 

得る商品についても、広い分野から数多くの商品が用意されていてその中からサイトに掲載する商品を選ぶだけでいいので選択肢が多くて助かります。

 

通常個人でショップを開店した場合これだけの商品を埋め合わせることは困難です。

 

 

ネットショッピングの普及や競売などの普及により売れ筋商品を分かることができるため、商品の仕入れの参考にできます。

 

素人も商売がしやすくなっています。

 

 

商売を行う上で面倒となる、返品対応やクレーム対応、ひいては問い合わせまで仲介会社であるプロバイダが行ってくれるところがあります。

 

一番面倒なことを引き受けてもらえるので大変助かります。

 

 

このようにして「ドロップシッピング」には多くのメリットがあるカワイイ商売方法なのです。

 

 

 

デメリット

今度は反対に「ドロップシッピング」を行うときのデメリットを挙げていきます。

 

 

予め利益に関してですが、自分で仕入れを行わないことがメリットなのですがしかし仕入れを行わないために利益率が通常の商売より低くなっています。

 

それがデメリットとなります。

 

 

インターネット上では基本的にプライバシーを訊くこともなくもちろん顧客として登録したりリストアップしたりすることができません。

 

そのためリピーターなどの上得意を囲むことができず若干商売がやりにくいところがあります。

 

 

ドロップシッピングの特徴として、実際の商品を見極めることがありません。

 

画面上から選んで売って販売データを送信するだけですから、商品について実際何もわかりません。

 

 

発送手配がないことがメリットですが、逆にいうとプロバイダに発送管理を一切割り当てるのでリードタイムなどの管理ができません。

 

 

ドロップシッピングの特徴として市場シェアの大きなサイトや商品を引き取りした場合、多くのユーザーが仕入れを通じてあり商品が多数出回ります。

 

そのため底値で販売されることが多くなり利益を得難く変わるということがあります。

 

 

通常サイトを通じていない小売店などが大量仕入れを行ったら問屋などとの駆け引きで割引率が高くなります。

 

ただしページでの仕入れは横並び価格でユーザーが全員仕入れているため価格競争には弱いです。

 

従ってこのような大量仕入れを行った業者に比べると価格設定も安く設定できずに、利益もさほど得られないということになってしまいます。