もしもドロップシッピング

もしもドロップシッピング

「もしドロップシッピング」というドロップシッピングのサービスプロバイダがいます。

 

日本最大級の会員数を誇る人気のプロバイダです。

 

 

「もしドロップシッピング」ではドロップシッピングを行うときの安心ポイントを3つ設けています。

 

この安心が人気の理由となっています。

 

 

ひとつ目は利用者が多いということです。

 

会員数の多さがその安心と実績を証明しているということです。

 

「もしドロップシッピング」の誕生したのは2006年でした。

 

誰でも簡単にリスクを負うこと無くできるというのがうたい文句です。

 

日本通販協会のJADMAの承認も正しく受けている団体です。

 

 

2つ目は基本サービスが全て無料になっていることです。

 

ショップ運営にかかる費用や初期登録費、月額貸し賃など一切かかりません。

 

ウェブストアを通してみたいけれど費用がかかるとなると失敗したときのリスクや騙されたらいかんせんという思いが先にたってしまいますがその心配がありません。

 

二度と始めてのウェブストア運営なのでそのノウハウなどてんでわからないという人のためには、通信教育で学習制度が設けられています。

 

こちらは有料ですが、運営して行くのに不安がある人には自信を持ち歩いてショップを始める素晴らしいチャンスだと思います。

 

 

3つ目は「もしドロップシッピング」には多くのショップオーナーがいるということです。

 

多くのオーナーから商品提供を頂けるため、安く引き取りられて最初から商品に「もし」の利益を含ませているため仕組みがわかり易くなっています。

 

商品の売上が上がれば「もし」もショップオーナーも一緒に成長できるというわけです。

 

 

ウェブストアで副業に興味のある方、ノーリスクで無料にて始めてみたい方はでは会員登録ください。

 

 

 

もしもドロップシッピングの現状

2006年8月に設立された「もしドロップシッピング」、2009年10月には会員数30万人を突破するという大手プロバイダになりました。

 

「もしドロップシッピング」では今まで市場拡大や顧客の評価アップのために「仮に大学」という会員向のノウハウを提供する機関を設置して数多くの支援を通じてきました。

 

セミナーや通信講座「仮にチャレンジ」によるノウハウの提供、特待生制度、会員同士が悩みを解決するために理解し合う場を設置するなど数多くのことを実践してきました。

 

 

国内で初めてのドロップシッピングサービスとなった「もしドロップシッピング」はこの3年間で顧客ベンダー数順調に増やして取り扱い商品も4万点以上になりました。

 

このようにして取り扱い商品が伸びることで会員に商品候補がひろがりました。

 

会員に売上アップのチャンスを渡し、顧客ベンダーには販路を渡しました。

 

 

不況の近年まずは本業として始める人よりも、副業としてドロップシッピングを始める人が増えています。

 

アンケートによるとドロップシッピングを通じている人の7割が副業として行っているそうです。

 

多くの人が不況により本業の給与が減収したことがドロップシッピングを始めたきっかけとなっています。

 

今までのように趣味やお小遣い稼ぎ程度で行なう人だけではなく、収入を償うために行い生活をサポートしている人が急増しているのです。

 

 

他にも定年後に時間が空いたために始めた人や専業主婦の人もするようになり、会員の属性も多様化しています。

 

多くの人が参加するようになりおっきい利益を挙げる人も増えてきました。

 

 

「もしドロップシッピング」では今後も一段と取り回し商品数を増やして会員数を増員させて出向くことを目指してシステム拡充などを行っています。

 

 

 

もしもドロップシッピング利用方法

直ぐに「もしドロップシッピング」を利用したい人のために、それでは利用登録から始めましょう。

 

「仮にドロップシッピング」のWebサイトからショップとして新規登録を行います。

 

審査が行われ1週間程度で返事がきます。

 

 

審査に通り過ぎると、事前に登録したIDとパスワードでログイン出来るようになります。

 

商品リストの中から自分が販売したい商品を選んで、値段設定を通して、htmlのリンクを貼ればOKです。

 

これだけで簡単に販売開始ができます。

 

 

登録するアカウントは基本的には1人1アカウントとなっています。

 

しかし1つのアカウントで複数ショップを運営することは問題ありません。

 

また自分のホームページを持っていない人も審査申し込みはできますが、早めにサイトを作った方が売り出し易いと思います。

 

携帯電話によるモバイル上からもショップサイトはオープンできます。

 

モバイルショップ上には簡単にサイトが作れる作成機能が付いていますから利用すれば簡単に焼き上げると思います。

 

 

ノウハウを覚えたくて「もしチャレンジ」に頼む場合は、月々2,980円で12ヶ月間学ぶことができます。

 

途中で退会したければ、その翌月から料金は請求されませんから安心です。

 

 

サイトをオープンして注文がきたら、「もし」からメールで連絡がきます。

 

受注処理から発注処理全てを「仮に」が代行してくれますから、一際発注データの送信等の処理は必要ありません。

 

ショップで売り上げた利益については、毎月月末に締めて翌々月指定した口座へ振り込んでもらえるから安心です。

 

以上が一通りの利用に関する流れです。

 

 

 

DSC

DSCとはドロップシッピングコモンズの略称です。

 

これから先ジャンジャン普及して出向くドロップシッピングをよりの人に認知して、理解して安全に使ってもらうことを推進している団体です。

 

 

ドロップシッピングは数多く存在しているネット業務の中けれども至極将来性のあるビジネスだと思います。

 

低予算で実行できて低リスクで、簡単に誰でも始められる業務です。

 

このような理由から皆に副業として、その収入の先ずを担うあるいは償う役目を果たしています。

 

 

ドロップシッピングは在宅業務です。

 

そのため家を留守にできない主婦や高齢者、仕事がない離島や過疎エリアの人などにも均等に仕事を提供して収入格差をなくすことに貢献しています。

 

 

ただし気をつけなければならないのはこのドロップシッピングを語って詐欺を働いている会社が増加していることです。

 

ドロップシッピングを行うからといってお金を出資させてその後サービスの提供をしないで連絡を絶ちお金をだまし並べるという手口です。

 

このような被害に合わないように誰でも気軽に始められるドロップシッピングであるように、悪質業者の排除を行う活動をDSCは行っています。

 

 

DSCことドロップシッピングコモンズの本社は埼玉県にあります。

 

有志スタッフと支援企業で成り立っている団体です。

 

その目的はドロップシッピングを保護することと普及させることです。

 

普及のためにメルマガやニュースレターを発行したり、イベントやセミナーを行ったりしてドロップシッピングの普及活動を通しています。

 

 

DSCはNPO団体の登録作業を行いました。

 

それにより近年実現し、NPO団体になることができました。