DSP

DSP

サービスプロバイダをいくつか紹介します。

 

ドロップシッピングを行うには本当にどっかのプロバイダに登録しなければなりません。

 

多くのプロバイダがありますからよく比較検討して選んでください。

 

ドロップシッピングのサービスを提供しているプロバイダのことを「DSP」と言います。

 

 

一門目は「仮にドロップシッピング」です。

 

ドロップシッピングを導入方法もそれほど簡単でハードルがちっちゃいDSPです。

 

個人向けのDSPでブログでの販売や既存サイトでの販売を行うのにちょうどいいです。

 

アフィリエイトと同じような感覚で行なうことができます。

 

利用料金は無料で、販売主体はDSP、顧客対応もDSP、返品受付もDSPとなっています。

 

取り扱い商品は家電からファッションやアクセサリー、音楽CD、美容や健康、食品、インテリア、レジャー、ホビーと多方面に渡り商品数は約15,000です。

 

設定されている最低価格は、卸価格以上で上限は定価の2倍、定価がないものは利益が30万円までに設定することとしています。

 

顧客情報はDSPが保管、決済システムはDSPが用意します。

 

 

2つ目は「電脳卸ドロップシッピング」です。

 

独自商品を多数取り扱うDSPです。

 

他のドロップシッパーと差別化を通じて商品を売り出し易くできます。

 

導入に関するハードルは先程の「仮に」よりも若干難しくなります。

 

利用料金は無料です。

 

但し利用するプランによってポイントを購入する必要があります。

 

販売主体と顧客対応はDSPかドロップシッパーかを選択できます。

 

返品受付はDSP対応です。

 

取り扱い商品は家電からファッションやアクセサリー、音楽、美容や健康、インテリアなど多数あり、商品数は約3,000です。

 

設定されている最低価格は、卸価格以上で上限はそれほどありません。

 

顧客情報や決済システムはサービスによってDSPかドロップシッパーが保管して用意することになります。

 

 

 

DSPその2

3つ目は「通販材料.com」です。

 

元は通販を通じていた会社なので通販に関する業務のノウハウを所持しています。

 

独自商品を扱っているので他のドロップシッパーとの差別化をはかり易いです。

 

ドロップシッピングの導入はハードルがちょっぴり厳しい分野に属しています。

 

利用料金は無料で、販売主体はドロップシッパー、顧客対応もドロップシッパー、返品受付についてもドロップシッパーとなっています。

 

取り扱い商品は、家電からファッションやアクセサリー、美容や健康、食品、インテリア、おもちゃなど多方面に渡り、商品数は約8,200です。

 

設定されている最低プライスは卸価格以上で、上限はとにかくありません。

 

顧客情報はドロップシッパーが保管し、決済システムについてもドロップシッパー側が用意します。

 

この「通販材料.com」は取り揃え商品の写真が豊富にあることが魅力です。

 

商品を販売する際に商品の写真はWeb上では売れ筋を決める極めて大事なものとなります。

 

 

4つ目は「セーリングクラブ」です。

 

CMS機能が充実させていることが魅力のDSPです。

 

ドロップシッパーに対して月々の売上金額に対して手数料の金額も変更するという仕組みをとっています。

 

つまりたくさん売れれば売り払えるほど手数料が安くなるのです。

 

ドロップシッピングの導入に関しては、先程の通販材料よりも若干簡単になっています。

 

販売主体はドロップシッパーで、顧客対応もドロップシッパー、返品受付はサプライヤーとなっています。

 

取り扱い商品はコンピュータやインテリア、ファッション、食品など様々で、商品数は約4,700あります。

 

設定されている最低プライスは商品によって変わり、上限は一際ありません。

 

顧客情報はドロップシッパーが保管して、決済システムはCMSのものを利用します。

 

 

 

DSPその3

5つ目に紹介するDSPは「リアルマーケットドロップシッピング」です。

 

元は企業相手の卸業だったためBtoBへの売り込みが出来ることがメリットです。

 

充実した管理ツールとプランの多さが魅力的です。

 

利用料金は525円で再度売上によって販売手数料がかかります。

 

ドロップシッピングの導入は比較的容易に出来るシステムです。

 

販売主体はドロップシッパーかDSP、顧客対応もドロップシッパーかDSPで選べます。

 

返品受付はDSPが行っています。

 

取り扱い商品はファッションやアクセサリー、美容などに関するもので商品数は約8,500です。

 

設定されている最低値段は、商品ごとに違っていて上限はありません。

 

顧客情報はドロップシッパーかDSPか保管先はプランによって違います。

 

決済システムはCMSのものを利用します。

 

 

6つ目は「エコセック」です。

 

安売りで有名なドンキホーテが運営している会社で法人向けのDSPです。

 

バックにドンキホーテがついているため商品数が甚だ豊富です。

 

MakeShopと提携しているため、サイト利用のサポート体制が充実しています。

 

ドロップシッピングの導入に関してのハードルは高めで耐え難い方です。

 

基本料金は月額3,000円、利用料金は月額19,800円、出荷料金や返品料金も出荷や返品によって2%〜7.5%発生します。

 

販売主体はドロップシッパーで、顧客対応もドロップシッパー、返品受付はDSPとなっています。

 

取り扱い商品はコンピュータから家電、映像機器、音楽、ファッションやアクセサリー、食品、インテリア、ホビー、レジャーなど多数あり、商品数も数十万点あります。

 

設定されている最低値段は、卸価格以上で上限はありません。

 

顧客情報はドロップシッパーが保有し、決済システムはDSPが用意します。

 

 

 

DSPその4

ドロップシッピングのサービス提供者であるDSPの7つ目は「Web卸問屋」です。

 

今のようにドロップシッピングが流行する前からDSPを通じてきた会社です。

 

信頼と実績がありシステムがしっかりと出来上がっているのでスムーズな対応が期待できる一方でシステムが昔からのものそれで他のDSPよりも機能が少ないことが挙げられます。

 

ドロップシッピングの導入はハードルが若干高めになっています。

 

入会金は30,000円、月額利用料が2,500円かかります。

 

販売主体はドロップシッパーで、顧客対応もドロップシッパー、返品受付はDSPが行っています。

 

取り扱い商品はファッションやアクセサリーなどから、美容やインテリア、生活雑貨など多数あります。

 

設定されている最低販売価格は、卸価格以上で上限はありません。

 

顧客情報はドロップシッパーが保有して、決済システムについてもドロップシッパーが用意します。

 

 

8つ目は「A8ドロップス」です。

 

元はアフィリエイトでサービスプロバイダを通しています。

 

アフィリエイトと両方を行いたい人はおんなじサイト内でおんなじDSPでやれるため管理が楽です。

 

利用料金は月額525円です。

 

ドロップシッピングの導入はハードルが低めなので簡単に導入しやすい仕組みです。

 

販売主体はDSP、顧客対応もDSP、返品受付はサプライヤー直接対応となっています。

 

取り扱い商品はファッションやアクセサリー、美容、健康関係などが中心となっており、商品数は約3,000です。

 

設定されている最低販売価格は、商品によって違っていて、上限はありません。

 

顧客情報はDSPが保有して、決済システムはCMSのものを利用します。

 

 

 

DSPその5

9つ目は「Shop Pager」です。

 

本格的にドロップシッピングをやりたい人向けのDSPです。

 

販売や顧客対応、その他ほとんどの作業をドロップシッパー側がやらなければならないシステムです。

 

考え方を変えればDSPの手を借りないため独自のショップを作りやすいということになります。

 

ドロップシッピングの導入に関しては、ハードルが若干高めになっています。

 

入会金は10,000円で、月額利用料は店舗の規模によって変わります。

 

販売主体はドロップシッパー、顧客管理もドロップシッパー、返品受付もドロップシッパーです。

 

取り扱い商品は、家電、ファッションやアクセサリーから美容、インテリア、食品、本、おもちゃ、レジャーまで様々で、商品数は約18,000となっています。

 

設定されている最低金額は、卸価格以上で上限はありません。

 

顧客情報はドロップシッパーが保有し、決済システムについてもすべてドロップシッパーが用意します。

 

 

最後は「グッドシェア」です。

 

グッドシェアではサイトを運営している者同士が連携して商品提供することができます。

 

種類も豊富なのが魅力です。

 

利用料は無料〜38,000円まで選択するプランによって異なります。

 

その他売上によって従量課金されます。

 

ドロップシッピングの導入に関しては、一般的なハードルで辛くもなくかといって簡単でもありません。

 

販売主体はドロップシッパー、顧客対応もドロップシッパー、返品受付もドロップシッパーです。

 

取り扱い商品や商品数のはっきりとしたことはわかりません。

 

設定されている最低金額は、卸価格以上で上限はありません。

 

顧客情報はドロップシッパーが保有し、決済システムはDSPが用意します。