商品配送

商品配送

消費者が商品を購入したら無事に商品を配送してお届けする。

 

これがドロップシッピングの軸もある大切な作業です。

 

店舗がじかに行っているECサイトでは、配送業務も販売者が行っています。

 

ただしドロップシッピングでは、商品の配送は主にサプライヤーが行っています。

 

このようにして間に業者を差し込むこと無くサプライヤーが直接商品を届けてくれるのでドロップシッパーは商品の発送業務という繁忙な作業を行わなくてすみます。

 

 

但しこのサプライヤーからの直接配送について不調もあります。

 

それは消費者が複数商品を購入した場合に起こる問題です。

 

たとえばあなたのサイトで消費者が商品Aと商品Bの2品を購入したとします。

 

但し商品Aと商品Bのサプライヤーが別だったとします。

 

その場合、商品Aは商品Aを扱うサプライヤーが発送し、商品Bは商品Bを扱うサプライヤーが発送します。

 

こうなると消費者は1つのショップで商品を買いものしたにも関わらず、2ヶ所から商品が配送されてくることになります。

 

2回に分けて訪れるので、荷受が2回になる手間もありますし、到着日が異なることもあります。

 

当然2ヶ所それぞれから配送されてくるので2ヶ所分の送料を負担しなければならなくなります。

 

見た目は1つのショップで購入したのに送料が2倍ということが消費者を混乱させるでしょう。

 

 

この不調解決のために、DSPが一時的に商品を預かってまとめて配送するという手段をとっているところもあります。

 

消費者の人は注文前に配送方法についても正しくチェックすることが大切になってくる。

 

 

 

商品

何よりも大切なのが商品です。

 

ここではドロップシッピングの中心である商品について考えていきましょう。

 

ドロップシッピングで成功するためには、カワイイ商品を販売することが大切です。

 

 

ドロップシッピングでの商品に対するメリット、それは在庫を持つこと無く商品を販売できることです。

 

これが何よりも一番のメリットです。

 

 

逆にドロップシッピングでの商品に対するデメリットは、売り払える商品と売れない商品があるということです。

 

店頭では売り払えるけれど、ウェブショップでは売れない。

 

つまりウェブショップや通販向きではない商品と向いている商品があるのです。

 

しかしながらこのウェブショップなどに向いている商品はECサイトなどで多数取り扱われている商品が多いため他との差別化がむずかしいのです。

 

 

またドロップシッピングで商品を提供しているサプライヤー側はたくさんかかえている在庫を処分したくてドロップシッパーに販売を依頼してくる。

 

つまりかつてその商品は売れ残りの商品である場合が多いのです。

 

サプライヤーがドロップシッピングのためだけに商品を開発してオリジナルティ流れ出る商品を提供してくれると、尚更可笑しい商売が見込めるのですがそれは依然先の話になると思います。

 

 

価格については、ドロップシッピングでは自分でスキな価格設定を望めることも魅力となっています。

 

ただし商品に高価な値段をつけてお宝、希少品として譲ることはドロップシッピングでは難しいです。

 

 

このようなことを通してカワイイ商品を、売れ筋の適正価格で売り出し利益を挙げられるように考えてみて下さい。