SNS「ミクシィ」その1

SNS「ミクシィ」その1

みなさんは、ミクシィを通していらっしゃいますか?
私の友達は押しなべてやっている人ばかりで、反対にやっていない人のほうが安いくらいです。

 

「ミクシィを通している」と言うのは、SNSのミクシーで会員になっているということです。

 

 

ミクシィは誰でも入会出来るSNSではありません。

 

いまやミクシィ会員である人から紹介されないと入会出来ないシステムになっています。

 

私も何年か前に高校の同級生に招待され、入会しました。

 

今では、マイミクが150人近くいます。

 

 

さて、ミクシィの中で言う、マイミクとはなんのことでしょうか?
これは、簡単に言えば、友達登録をしたミクシィ会員のことです。

 

マイミクシィを略してマイミクと呼びます。

 

SNSでは、入会後、友達をどっさり増やして行ける楽しさがあります。

 

ミクシィで言うマイミクは、やはり、実際の友達でマイミク登録する人もいるでしょうが、会ったことのない人である場合もあります。

 

いいえ、会ったことのない人のほうが圧倒的に多いに関してもあるでしょう。

 

 

私のマイミクは150くらいいますが、そのなかで実際に会ったことがあるのは50人くらいではないでしょうか。

 

ほとんどが、会ったことも無い人です。

 

ミクシィで、全然知らない人とマイミクになる、つまりお友達登録するということは、ミクシィをやったことのない方が聞くと言わばちょっと心配に思うかもしれませんね。

 

それも案の定だと思いますし、ネットで知り合う人を警戒するのは有難いことだと思います。

 

 

 

SNS「ミクシィ」その2

たとえば、インターネットの掲示板で知らない人が書き込みを通じていているとします。

 

その人と友達になるような、どうにも心配なことだと、マイミクというシステムを勘違いしている人も多いかもしれません。

 

ですが、これとはまだまだ違います。

 

 

ミクシィの表示名も、ニックネームでオッケーですし、住まいや、年齢などは晒しなければ、他の会員にはわかりません。

 

マイミクになったとしても、あなたがいつの誰だか、相手にはわかりません。

 

と言っても、日記の内容や写真をアップしてくに連れて、段々と身元が限定されて行くことはありますが、基本、匿名で大丈夫なのです。

 

ですから、見ず知らずの人とマイミクになっても、このようなSNSでは、あなたの素性が、漏れることはないのです。

 

 

ですが、まれに正体がわかって仕舞うようなケースもあります。

 

ミクシィもののSNSは、コミュニティも充実しています。

 

たとえば、母校のコミュニティもあるですから、そこに参加していれば、思い出深い人達とネット上で再会できることがあります。

 

このようなコミュニティに参加することで、あなたがそこの卒業生だとわかって仕舞うこともありますので、素性を知られたくない方はコミュニティの参加にも慎重になるべきでしょう。

 

 

このようにミクシィでは、なんだか様々なジャンルのコミュニティが沢山存在しています。

 

たとえば、趣味や学校、団体、特技や興味があること、スキなことなど、心から各種コミュニティが作られています。

 

 

 

SNS「ミクシィ」その3

私が入っているコミュニティを一部ご紹介しますと「お風呂スキ」、「パワーストーン大スキ」、「ボンジョビ」、「音楽がないと生きていけない」などです。

 

どうでしょう、ミクシィには、嬉しいコミュニティがあるです?

 

また、コミュを探して入ることのほか、ミクシーの会員なら、誰でもコミュニティを新たに作成することが出来ますから、極論をすれば、あなた1人でも調べることが出来るのです。

 

自分の探しているコミュが存在しない場合は自分が創設者になれば良いわけです。

 

あとは、興味のある会員が、そのコミュニティに参加して、どんどん人が増えていくわけです。

 

そうなれば、掲示板でコメントを記したり、意見の交換をしたりして、交流が深まって行きます。

 

SNSは、このようにおんなじ趣味を携帯している人が集える場所があること、これが魅力だと思います。

 

 

では、SNSにおけるコミュニティのメリットとは何でしょうか?
それは、全国各地に散らばっている趣味が一緒の人と会えることです。

 

もちろん、巡り会えることと言っても、ネット上で知り合うという意味ですが。

 

 

たとえば、レアなミュージシャンがいるとします。

 

私はそのミュージシャンが大スキなのに、周囲の人に話しても誰単独、その方を知っている人がいません。

 

これそれでは、そのミュージシャンのアルバムや、曲について話をしたくても、わかって受け取る人が身近にはガラガラことになります。

 

あんな状況、みなさんにも覚えがありませんか?

 

 

SNS「ミクシィ」その4

レアな趣味のため、共感してもらえる友達がいない、というケースも色々あると思います。

 

自分のスキなものをわかってくれる人が周囲にいないのは、誠に寂しいことです。

 

このような悩みを携帯している方は、SNSとして、おんなじ趣味を携帯している人を編み出すことが出来るのです。

 

 

このような形で、実に私が知り合った音楽友達と言えば、九州や大阪の人でした。

 

本当は私もレアなミュージシャンがスキで、その人の曲について語り合う友人が欲しくてコミュニティに参加しました。

 

すると、そのミュージシャンがスキだというマイミクさんが出来たのです。

 

離れていても、自分のスキなミュージシャンについて、一緒に喋れる人が出来たことは実に素晴らしいことです。

 

私の周囲には誰単独いなかったのですからね。

 

SNSを使わなければ、遠方でおんなじ趣味の人と友達になることなどありえないでしょうから。

 

 

そうして、知り合ったマイミクさんと、ネット上で会話したり、日記にコメントしたり、メッセージを送ったりと親睦を深めることが出来ます。

 

そうして、意気投合したら実に会って話すことも出来るでしょう。

 

実に会ってみて、一層近しく陥る人もいるでしょう。

 

 

中には結婚したカップルもいるようですからね。

 

と言っても、それを目的とした出会い系サイトと、これらのSNSは違います。

 

中には、恋人を見出すためにミクシーなどのSNSを始める人もいるでしょうが、基本的には出会い系とは異なるサイトです。

 

 

 

SNS「ミクシィ」その5

まずは、他にもミクシィもののSNSのメリットはあるのでしょうか?
私がメリットだと想うのは、ミクシィが無料で行えることと、容量が大きいので、沢山の写真を出せることです。

 

アルバムも考えることが出来ますので、写真を保存するのに使っています。

 

 

また、日記も自分のために書いているようなものです。

 

過去を振り返って、一年前は何をしていたのか、二年前は何をしていたのか、と掴むことが出来ます。

 

写真入の日記はとても楽しいですし、他の人が書いた日記をよむことは楽しいです。

 

また、ミクシィなどのSNSは、日記に書いた内容が検索エンジンにひっかからないため、外部で検索から発見されることがありません。

 

会員しか見られない設定ですし、また日記を公開する人も選ぶことができます。

 

 

さて、SNSで知らない人とコミュニケーションを取ることは不安に思う人も多いでしょう。

 

ですが、顔が見えない相手だとしても、日記や発言する言葉から、その人の人柄を捉えることが出来ると私は思いますからね。

 

毎日の積み重ねであり、マイミクになってから3年も経つと、不思議とこれから普通の友達のような気がしてしまう。

 

会っても抵抗なく話せそうな気もするくらいです。

 

 

私が思うには、SNSで知り合っても、現に知り合っても、あまり変わらないのではないかということです。

 

ネットで知り合ったからオモシロ人、現に知り合ったから信用できる人、っていうことは、既に通用しない世の中だと思います。

 

当然、コミュニケーションを取るのには、多少の嫌疑が必要ですが、それさえ心得ていればSNSで友達が沢山出来るとしています。