メールマガジンとASP

メールマガジンとASP

 

 

ASPと言う言葉を知っていますか。

 

アフェリエイト・サービス・プロバイダの略だ。

 

ユーザが宣伝のバナー等をクリックすることによって、宣伝主からの収益を得ることが出来るシステムだ。

 

メールマガジンにはそのようなリンクを張っているものがたくさんある。

 

つまり情報源はスポンサーに大きく依存しているのだ。

 

メールマガジンの内容よりもASPへの対応に重きを置いたものが殆どですから、メールマガジンを読む側としてはあまり価値を感じません。

 

ですが、多量に送られてくるメールマガジンのなかで時には目に止まるものがあるのだ。

 

現代のインターネットを活用した宣伝のシステムは巧妙になっています。

 

メールマガジンのリンクをクリックすることで、メールマガジンの発行元に報酬が支払われることになるのだ。

 

ASPをサービスとして提供している業者もたくさんいます。

 

宣伝元はそのようなメールマガジンに多くの宣伝費を費やしているのだ。

 

実際に支払う金額は消費者がクリックした回数に比例しますから、無駄な投資ではないと言えるだろう。

 

テレビのCM等は本当に見てくれているのかわからないのだ。

 

メールマガジンは消費者がユーザ登録をして、初めて送られるようになる。

 

つまり、消費者が何らかの興味を示していると言うことだ。

 

興味を持っている人に対しての宣伝ですから、有効性は勢いづくと考えてよろしいだろう。

 

このようにして、メールマガジンやWebページにはたくさんの宣伝が付くようになるのだ。

 

見かけはわかりませんが、その裏側ではインターネットの技法を集結した高度な終結が行なわれていると言うことだ。