SNSに依存することその1

SNSに依存することその1

みなさんは何かに依存していますか?
携帯電話だったり、お菓子だったり、アイスだったり、お酒だったり、各種ものに依存して生きている人は沢山います。

 

やはり、家族に依存していたり、恋人に依存していたり、友達に依存していたりといったケースもあるでしょう。

 

 

さて、最近では、ネットのSNSに依存する人が出てきたそうです。

 

日本国内ですと、一番、インターネットを通じている人が多い時間が夜正午から夜中1時というデータがあります。

 

そうなると、SNSを見極める人もこの時間帯が一番多いのです。

 

1人暮らしの人も家族で住んでいる人も、粗方吊り上げることが終わって、手がすく時間が、お休み前のこの時間帯なのでしょうね。

 

 

さて、1時と言うと、寝ている人も多い時間だと思います。

 

殊に翌日、学校がある方、お勤めの方は、もう寝ていたほうが素晴らしい時間ですよね。

 

 

沢山の人がこの時間帯にネットを通じていれば、ミクシィなどのSNSはアップされた日記も多いですから、ついつい読んでしまいますよね。

 

また、自分の日記にコメントがずっと書き込まれれば、それを読んだり、コメントを返したりと、たまたま時間が経過して仕舞うこともあるでしょう。

 

更に寝なきゃいけない時間なのに、つい夜更かししてしまう人も多いのではないでしょうか。

 

コメントが返ってくるのが快くて、また掲示板で会話がはずむことが心地よくて、何時間もSNSをやってしまう。

 

寝入る時間も忘れて夢中になる・・・

 

 

SNSに依存することその2

そうして、気が付いたら4時になって、しばししたら、夜がうっすらと明けていた・・・なんてこともあります。

 

これは、完全にSNS中毒です。

 

ミクシィ中毒と言われている人も実にいます。

 

 

とにかく繋がっていないと不安で仕方がない人、みんなが何しているのか、ずっと把握していないと不安な人もいるでしょう。

 

自分が書いたことに対して、コメントがもらえたか、どうにか、気になって仕方がない人もいます。

 

どんなコメントが入っているか、気になって仕方がない
何か、新しい話題が上がったら、それに乗り遅れたくないとか、あの人の日記があがったらすぐに見たいとか、依存して行くきっかけは沢山あります。

 

そうなると、絶えずミクシィにログインして、日中は携帯電話から見ているようになってしまいます。

 

 

夜は夜で、SNSばかり見ていて、寝る時間もありませんから、会社にいる間は、眠たくて仕事などはかどるわけがありません。

 

定時に帰宅したら、睡魔に襲われ、何もせず、寝てしまうね。

 

それが7時とか8時だとしたら、手早く寝すぎてしまったので、夜中に目が覚めます。

 

そうして、暇なので、また、パソコンを開いてしまいます。

 

そうなれば、また昨夜と共に、SNSを見て、時間が過ぎて行き、気が付けば朝になってしまいます。

 

このような悪循環になって仕舞うことが多いです。

 

 

寝ていた間に、沢山のコメントが入っている、それに返信しなければならない、そして、また眠れない、といったサイクルです。

 

寝不足で毎日、会社をめぐっていたら、体を壊して仕舞うこともあるでしょう。

 

 

 

SNSに依存することその3

毎晩、SNSを通じていて朝になって仕舞う。

 

このような生活は、SNSに依存した生活です。

 

こんなことそれでは、仕事も上手く行くわけがありません。

 

ミスも伸びるでしょうし、会社での信用もなくなってしまいます。

 

学校だったら、成績も落ちてしまう。

 

授業中は眠ってしまうよね。

 

 

そうなると、学校に行きたくない、会社に行きたくないという気持ちが沸きあがって来る。

 

ミクシィなら、みんなが慰めてくれるのに、実際の友達はそんなふうにはしてくれない。

 

リアルの友達は刺々しい、SNSの友達の方が良いと思い始めてしまい、実社会とネット社会の区別が付かなくなっている状態です。

 

そうして、会社を閉め、または学校に行かなくなり、ミクシィなどのSNSの世界のほうを選んでそこへ逃げ込んで仕舞う。

 

これそれでは引きこもりの始まりですよね。

 

 

SNSはいいコミュニケーションの手段だと私は思います。

 

ですが、実生活とこのSNSを雑然ととして仕舞うことは、いけませんよね。

 

何かに依存することは、病的ではないかぎり、良いと思います
依存、イコール、支えと私は思っているからです。

 

会社でいやなことがあっても、ミクシィで愚痴をこぼせば、みんなが奮い起こして貰える。

 

ですが、私達はSNSの中で生きているわけではないですから、その世界に逃げ込んもその先には何もありません。

 

息抜きにSNSをやる、毎日、楽しみにおいてSNSに参加する、このようなスタンスを忘れてはいけないのだと思います。