ツイッターでつぶやいてみましょう

ツイッターでつぶやいてみましょう

ツイッターの登録を終えたら、ひとまず一言つぶやいてみてはいかがでしょうか。
つぶやいてみない事にはツイッターは始まりません。
マイページの所に「いま何してる?」という文字が有り、その下に打ち込む為のフォームが有りますので、そこからどんな事でも構いません、書き込んでみましょう。
何を書いたらいいか迷ったならば「ツイッター今から始めます」なんて言うのはどうでしょうか。
「取り掛かりまして」の意味を込めて投稿してみましょう。
フォームに140文字以内で書いて「投稿する」ボタンを押せば初ツイッター完成です。

 

 

ツイッターで友達登録する事を「フォローする」と言います。
友達になりたいユーザーのページにアクセスすると「フォローする」というボタンが表示されていますので、クリックして友達登録して下さい。
そうする事でマイページにある「みんなのつぶやき」と言う所に友達のつぶやきが表示されるのです。
もしもお互いにつぶやきを見たいのであれば友達にもフォローして貰う様にお願いください。

 

 

次に、フォローしている人が「お腹すいた〜」とつぶやいていたとします。
その時に「わたしも〜」とコメントしたとします。
ただし、これまずは全体的にコメントが表示されるので、自分をフォローしている人全てにコメントが表示されて、一体何の話?という事になってしまいます。
そこで、特定の人にだけコメントを引き戻す様に「@相手のユーザー名 わたしも〜」という様に打つと、そのユーザーだけにコメントが表示され分かりやすくなります。

 

 

 

ツイッターを楽しみましょう

ツイッターを楽しむまでになるには、暫し正にツイッターを通じてみないと分からないという様に言われています。
出来れば1人で設けるよりは誰か友達と始めた方が楽しさが至急見れるのではないかと思います。
ツイッターはPCからだけでなく携帯から呟く事も出来ますので朝の通勤時間や単なる休憩時間けれども楽しむ事が出来るのです。
勿論、こうしなきゃいけないというルールは有りませんので気軽に何でもつぶやいて楽しむ事が出来ます。
そのつぶやきに対して友達とやりとりし見合うのがツイッターの魅力かもしれません。

 

 

ツイッターってチャットの様なものなの?と感じるかもしれませんが、チャットは相手がきちんといる状態で、投稿したら至急返事を出すという様にリアルタイム感が必要だと思うのですが、ツイッターは見た目はおんなじかもしれませんが、投稿したらそれに対する返事とか応答をゆっくりと待っているという感じに楽しむものです。
ですから返事を急かさなくても時間が有る時に見て、返事しようと思ったら返事するという緩い感じの対応で良いのです。
だからこそツイッターはチャットともブログとも違うのかなという所かもしれませんね。
わざと例えて言うならばチャットとブログの中間という様な感じで考えて頂ければと思います。

 

 

ツイッターを楽しむにはフォローする人を増やして、色んな人にフォローされて、つぶやきあって気軽にやって楽しくなってくると思うのです。