メールマガジンの書き方

メールマガジンの書き方

インターネットを活用した通販Webページはたくさんある。

 

そのような店舗での売り上げを伸ばす為にはメールマガジンを活用することが一番だ。

 

ですが、ただメールマガジンを発行すればいいと言うものではありません。

 

メールマガジンの書き方を考えておくことが大切だ。

 

メールマガジンの書き方で注意すべきことを考えてみましょう。

 

まず、メールマガジンは読んでもらわなければ意味がありません。

 

読みやすいメイルを心がける必要がある。

 

見た目で読みやすくしておくことが大切なのだ。

 

ごちゃごちゃした画面だと、読む気がしなくなりる。

 

見やすさを考える時には、最初の画面で何のメイルかをわかってもらう必要がある。

 

その為に見出しや目次を付けるようにしよう。

 

又、画面の構成として文章の長さを制限しておきます。

 

長すぎる文章は読みづらくなるのだ。

 

又、同じ理由で一段落は4,5行程度に抑えた方がいいだろう。

 

体裁を整えたならば、今度は文章の中身だ。

 

その為にはメールマガジンのターゲットを絞ることが大切だ。

 

男性なのか女性なのか、年代はどのあたりなのかだ。

 

それによって文章の言い回しも変えなければなりません。

 

メールマガジンの目的は商品の売り上げを上げることですが、メールマガジンで直接売り上げを期待することは出来ません。

 

メールマガジンは商品のWebページへの誘導と割り切っておきましょう。

 

そう考えると、メールマガジンの文章としては期待させるような文章を書いておいて、詳しくはHPを見て下さいと言った言葉がいいだ。

 

相手の興味を引くことができたならばそれで目的が全うされたのだ。