ツイッターの特徴

ツイッターの特徴

ツイッター(Twitter)は、140文字以内という文字制限がある発言(「つぶやき」と言います。
)を投稿して、見ている人皆と共有する事が出来るサービスの事を指しています。
このツイッター、まだ知らない人が多いと思いますので、特徴について挙げてみたいと思います。

 

 

【簡単に書き込みが出来る】
ツイッターの書き込みはとても簡単にする事が出来ます。
ブログと違って140文字という文字制限が有るので内容はとても簡単なものになります。
何か思い付いた時に、ちょっと誰かに教えたいなと思った場合、さくっと打ち込む事が出来るのです。
ですから些か暇な時間が出来たら書き込むという様に手軽に使えるのが特徴的です。

 

 

【色んな人とコミュニケーションがもらえる】
mixiの様なSNSは、知り合い同士が繋がってやり取りを行うというシステムを取っていますよね。
無論知り合いだから安心という事も有りますが、知らない人とのやりとりは基本的に苦しいなと思えるところもあると思います。
足跡がなかなかついてしまうので、誰が見たという履歴が残るという事もありますしね。
ただし、ツイッターは足跡機能が有りませんので誰が自分の投稿を見たという認識が有りません。
その為に、気軽にフォローのしたり、されたりという事ができ易いのです。
当然、安全面も重視して自分の発言を非公開として暑かったり、不愉快人をブロックしたりする機能はついていますので安心してください。

 

 

 

ツイッターの用途

最近話題のツイッターというサービス、ミニブログやミニSNS、ミニチャットの様なものと同じという見方も有ります。
このツイッター、どういう用途が有るのかご存知でしょうか。
以下に用途を大きく分けて2つ挙げてみたいと思いますので参考にしてください。

 

 

先ずは今の自分の状況を書き込んで、Web上で人様とおしゃべりをするという用途です。
たとえば今「今新宿で買いものしてまーす」と投稿すると「私も今新宿にいまーす」という様に他の人が投稿してきます。
また人様からも「私は渋谷にいまーす」という様に投稿が来て、会話が成り立っていくという感じです。
この様に、自分の真実を打ち込む事で他の人が同調して投稿を通してくれ、そこからおしゃべりを通してコミュニケーションを取っていくという用途がツイッターには有ります。

 

 

その他にツイッターでは色んな人のツイッターの内容を見ながら情報を入手する事が出来るという用途が有ります。
たとえばですが「今、私がいる地域であんなお店が流行ってるよ」とか「今、そういったニュースが速報で流れたよ」という様な投稿とURLが一緒に投稿されたとします。
そのURLにあなたがアクセスして色んな情報をチェックして入手すると用途です。
これによって「bot」と呼ばれる情報を配信してくれる機械が有ります。
この機械によってニュースサイトにアクセスして情報を入手し、ツイッター上に投稿するというサービスも有るので、そこからニュースをチェックするという人も増えてきているようです。

 

 

 

ツイッターに書いてある内容

ツイッターの使い方が思い付か、何を書いたら良いのか分からないという人も多いと思います。
皆さんがいかなる内容をツイッターに書いているのか、ちょい挙げてみたいと思いますので参考にして下さい。

 

 

ツイッターの楽しさは、つぶやきのキャッチボールに見て取れると思います。
誰かがつぶやいた一言に対して、誰かが反応してつぶやいた本人に返したり、他人にうれしいよという感じでパス(RT)したりして話が展開していくのです。
無論、展開しないで一方通行で締めくくる事も有りますし、展開に展開を重ねて話が変わっていく事も有ります。
こんな緩やかな感じでツイッターを通している人達全員が繋がっている感じなのです。

 

 

また、ツイッターに呟く内容は実に当たり障りのない事が多い感じがします。
たとえば、「今ここでご飯食べてる」とか、「今ニュースでこんな話してた」とかを始めとして、政治の話題だったり、アイドルの話だったり、今話題の話だったり、今考えている事だったり、ほんとに色々です。
自分がフォローしている人達が進めるつぶやきがザクザク流れていきますので(タイムライン)、どの言い出しに参加するかはあなた次第なのです。

 

 

また、ツイッターは有名人がやっている様な感じで考えられがちですが、ツイッターを通している人の殆どは一般人なのです。
その殆どが普通の会話で見て取れると考えられます。
そこから色んな情報を買い入れるのです。
ツイッターの面白さはそう言う所に有るのではないでしょうか。