メールマガジンとオープンソース

メールマガジンとオープンソース

オープンソースと言う言葉を知っていますか。

 

プログラムのソースが公開されているものだ。

 

これを使うことによって、自分なりにアレンジしたプログラムを作成することが出来ます。

 

もちろん、それなりの技法がなければなりません。

 

メールマガジンと言うものを配信する為には、単にメイルサーバがあればいいと言うものではありません。

 

一度に膨大な数のメイルを発信したり、メイルアドレスの管理をしたりしなければなりません。

 

メールマガジンの管理ソフトを活用しなければ、商用に耐えられるようなメールマガジンを発行することは出来ないのだ。

 

又、メールマガジンのききめを測定するための多彩な機能も必要だ。

 

開封率の測定やクリックトラッキングは必須の機能と言えるだろう。

 

メールマガジンは一般的には宣伝媒体として使われています。

 

メールマガジンの管理ソフトは多機能なものになるとかなりの値段となっています。

 

もちろん、個人で使用する程度ならば小規模の機能を持ったもので済みます。

 

現代のようにメールマガジンが多くの企業で使われるようになると、企業相手のメールマガジンWebページが多くなってくるのだ。

 

企業に対して動作の保証をすることになりますから、信頼性が大切なポイントとなる。

 

オープンソースをベースとして、オリジナルの管理ソフトを創り上げると言うことも行なわれているそうだ。

 

オープンソースの大半は外国でつくられていますから、日本の国内事情に合わせてカスタマイズすると言うことなのだろう。

 

メールマガジンは大変に便利なものなのですが、その裏側では高度な技法が使われていると言うことだ。