フォト企業についてその1

フォト企業についてその1

みなさん、ムービーサロンって聞いたことがありますか?
英文で書くと「Photoshop」として、これはPCのソフトです。

 

撮影屋君のことではありませんからね。

 

さて、このソフト、マッキントッシュとしている方ならご存知でしょうね。

 

そうして、とうに使っている方も多いでしょう。

 

私もよく使っていますから親しみのあるソフトです。

 

ですが、引き続きある機能を一部始終、使えず、知らないことも多いと思います。

 

 

このソフト、ムービーサロンはデジタル動画をレタッチするために開発されたソフトです。

 

米国にあるAdobe事務所(アドビ事務所)が進展、販売したソフトであり、動画の編集や、作製をすることが出来ます。

 

 

現在ですと、ムービーサロンより幾らかお安い、「フォトショップエレメンツ」というソフトも販売されています。

 

このエレメンツですと、ムービーサロンの中にもある、小気味よい程度の作業なら十分に出来ます。

 

ですから、基本者の方はこれでも良いかもしれませんね。

 

また、ソフトにお金をからきしかけられない方などは、こちらのエレメンツでも無事故でしょう。

 

 

ですが、動画やり直しをお仕事にしていたり、会社でフォト関係の仕事を通じていたり、本格的に作製したかったり、自由自在、思い通りに動画を編集、または作製したかったりする方は、どうでしょうか?
フォトショップエレメンツですと、出来る機能がもの足りないと思います。

 

そういった方は、ムービーサロンを購入した方が良いでしょうね。

 

 

 

映像商店についてその2

フォト企業についてその1

 

それでは、このフィルム職場でどういうことが出来るのでしょうか?
画像修正という模様がありますが、他にもダラダラ出来るので、ここでいくつかご紹介したいと思います。

 

 

初めて、画像修繕です。

 

修繕するということは、各種意味があります。

 

画像の明るさを変えたり、景色を変えたり、容量を変えたり、各種ことが出来ます。

 

決して知識がないとおり、画像認証を整えると、一大ことになりそうですよね。

 

ぐちゃぐちゃとしてしまうが、上書き保全をしないように、通称として保全するようにしたら良いですね。

 

色調を変えることも出来るので色つやで撮影したものをセピアにしたり、白黒にしたりすることも出来ます。

 

カラーが変わるだけで画像の模様が心から移り変わるから不思議です。

 

セピアにするだけで、つい古くさい画像になるから素敵なのです。

 

自分はよくこのカラーを切り替える修正によって楽しんでいます。

 

自分の画像をセピアにすると、昔のムービースーパースターになれたテンションでうれしいですよ。

 

 

そうして、画像をケアすることだが、必要なポイントだけ切り抜くことも出来ます。

 

キャプチャーをしたのは良いが、余計なところまで写り込んでしまったについて、かわいらしくありますよね。

 

画像に取り除ける第三者ものが入っていたり、指が写っていたりと、最初的エラーもあるでしょう。

 

そんな場合は、不要なポイントを切り落としてしまえば良いのです。

 

また、切り抜くだけでなく、元来、入っていない画像をフィルム職場では混ぜることも出来ます。

 

 

 

フォトディーラーについてその3

フォト企業についてその1

 

たとえば、動画の周りに美しい金額を閉じ込めるとイラストのようになります。

 

そうしたら、動画と動画を組み合わせしてツーショットムービーを作ることも出来ます。

 

ですから、自分があこがれのタレントと共にいるように生産することも出来ますね。

 

一旦、これは肖像権に関係してきますから、個人のエンターテイメント並みにください。

 

動画を無くすことも可能です。

 

たとえば青天にエアーが写っているとします。

 

それを消して、青天だけにすることも画像会社では出来るのです。

 

そしたら、青い空に雲を足すことも出来るでしょう。

 

鳥などの動画を引っ張ってきて入れても明るいですね。

 

勿論、UFOなど飛行もの人体を挿入することも可能です。

 

ですから、画像会社では組み合わせムービーはドシドシ叶うのです。

 

消すと言えば、ユーザー間の表情のシワやほくろなどを画像会社で無くす人が多いようです。

 

私もちょいちょい使いますが、ウェブログなどに増強する動画はみんなが見分けることが出来るものだから、すこしでも綺麗に見せたくてシワを無くすこともありました。

 

この使い方、女性の方には別にお勧めです。

 

 

画像会社には、CS(creativesuite)カテゴリーも発売されています。

 

みなさんはご存知でしょうか?
それまでのように数字でカテゴリーを表していませんが、画像会社7の次世代マイルドだと思って良いでしょう。

 

また、新しいカテゴリーになる度に、初々しい機能が加わるですから、真新しいカテゴリーだと出来ること、古くさいカテゴリーだと出来ないこともあると思います。