フォト仕事場で蘇る写真その2

フォト仕事場で蘇る写真その2

最初から対照がちゃんと出ている画像でしたら、不要ですので、修復に入りましょう。

 

さて、元の画像は大事にしないといけません。

 

やり直したり、他の作業をしたりするときに、元の画像が必要となりますから、これをダイレクト、いじっては行けません。

 

どういう場合も、このポイントは忘れないようにください。

 

ペーパーに言い変えてみれば、元の紙をコピーして、写したものに修復を通じて行くとおんなじことです。

 

書状を制作や改変するときにそうと思いますが、原紙が保存してあれば安心ですよね。

 

 

ということで、元の画像にダイレクト、色彩を塗ったり色彩を変えたりしないように心がけます。

 

そのためには、レイヤーを増やして、そのレイヤーを触るのです。

 

パレットの最高下に、「ペーパーのアイコン」がありますから、それを押すと、「新設レイヤー」が出来ます。

 

それを編集して行きましょう。

 

画像の上に、とってもおんなじ画像が出来たということになります。

 

これが映像ところのレイヤーです。

 

 

では、次に映像ところのレイヤーパレットを見てみましょう。

 

最高上に「日常」と出ているところがありませんか?
これは、ドロップ下落すると、何バリエーションか買えるみたいになっています。

 

「描画一色」と言うところがありますので、そこを「色彩」に改変します。

 

このレイヤーを「色彩一色」にするのは、元の画像が携帯している彩度を、維持しながら、その上に色彩を続けることが出来るからです。

 

このレイヤーですが、たとえば、付けるスポットによって、その分、真新しいレイヤーを仕立てるヒューマンもいますし、編集ディスプレイをおんなじレイヤーにするヒューマンもいます。

 

とも良いでしょう。

 

 

 

ムービーストアーで蘇るムービーその3

フォト仕事場で蘇る写真その2

 

まずは、修正して行きましょう。

 

初めて、パーソンものでしたら、簡単に被服の色など、どうでしょうか?
色を選んで、ブラシ商品として、塗りつぶして行きます。

 

また、エアブラシツールも良いでしょう。

 

細かい部分は、ブラシの分量を変えれば塗り易くなります。

 

ブラシオプションで分量の変換が可能です。

 

そうして、よく見えないような狭いところ、細いところは、動画を拡大して塗りましょう。

 

大きく拡大して作業しておいて、元の大きさとしてみると、大いに丁寧に作業出来ていることに驚くでしょう。

 

コマンドと利益狙い、または、コマンドとデメリット狙いで、簡単に開拓、低減が出来ます。

 

フィルム売店ではズーム、ズームアウトと呼びます。

 

 

色が濃すぎても気にすることはありません。

 

後で、フィルム売店では、透明度で経営出来ます。

 

レイヤーを創りながら、毛や、風貌など、当てはまる色に塗っていきます。

 

白、そして黒の部分は、何も塗らずにおきます。

 

 

色彩にしたいパートを根こそぎ、塗り終えたら、レイヤーの透明度をいじります。

 

それぞれのレイヤーの透明度を上下してみて、良い感じのところを掴みましょう。

 

レイヤーによって、透明度もなるかもしれませんね。

 

最後に、全体を度合い補正して見ることで、模様が微妙に変わります。

 

これでフィルム売店による、白黒ムービーの再生作業、終了です。

 

ムービー屋さんで修整してもらったら、いかに陥るかわかりませんが、自分でこなせるのならタダで出来ますよね。

 

フィルム売店を持っている方はぜひ試してくれところです。

 

 

 

映像店先によってぼかすその1

フォト仕事場で蘇る写真その2

 

PCに取り込んだ画像を修正したり製作したりするには、フィルム企業というクリーミーが大活躍です。

 

たとえば、昔の画像をスキャナーで取り込んだら、染みが目立ってしまったに関して、ありませんか?
何も写っていないはずの空が汚れていたとか、風土のバリヤが汚れいていたとか、画像が連続中に痛んでしまい、染みが目立って仕舞うケースがあります。

 

何とかPCに取り込んでも、染みがあまりに目立って仕舞う、あんな場合はフィルム企業で直してみましょう。

 

震え上がることはありません。

 

元の画像をいじるわけではありません。

 

把握を触るだけですから、過ちを恐れずレッツトライです。

 

 

たとえば、空や、空間など、元来、何も写っていないところの染みをきれいにすることは割と簡単です。

 

フィルム企業の「なげなわ器機」を使いましょう。

 

「なげなわ」のように、染みが写った部分を囲って行きます。

 

囲えたら、そこを「起用グランド」から「境界をぼかす」にし、ピクセル数を5とか6とか、適当な価値としてみましょう。

 

これで「適用」をクリックします。

 

どうでしょうか?
きれいにぼけてくれて、何より空などでしたら、染みが目立たなくなります。

 

でももの足りないようでしたらピクセル数を変えて下さい。

 

起用グランドが大きいと一度に出来ますよね。

 

又は、スタンプ器機を使う方法もあります。

 

予めカラーを物覚えさせて、スタンプのようにぺたぺた貼って行く方法もありますので、それを使っても良いです。