ムービーストアーによってぼかすその2

ムービーストアーによってぼかすその2

これは大きな部分に扱うのは困難でしょう。

 

スタンプ機械は、場所状に不浄があるシーンなど、不浄の数が少ない場合に使うと良いでしょう。

 

全体的に汚れている場合は、なげなわを使うのが一番早いです。

 

 

不浄はないけれど、わけをぼかしたい場合もあるでしょう。

 

たとえば、背後がごちゃごちゃしていて手前のものだけを断然見せたい場合などがそうです。

 

もちろん、記録する際に、前だけにピントを合わせて、わけはぼかすという方法もあります。

 

ですが、全体的に敢然と写ってしまった場合も、後から写真店舗で修正することが出来るのです。

 

売り物など商用にも使われている戦法だと思いますよ。

 

 

このケースは、手前の人様ものなり、ものなり、しっかり移したい面を切り抜く作業から始めます。

 

レイヤーを形作り、人様もの以外のものを完全消してしまう。

 

消しゴム機械や、多角フォーム機械によって、きれいに消してしまいます。

 

そうして、わけのレイヤーだけをぼかすことで、手前の人様ものは必ずピントが合い、わけが集大成ぼける、という画像を組み立てることが出来るのです。

 

切り抜く際に、人様もののラインまでぎりぎりに切り抜かないように注意してください。

 

些か外側範囲を残すくらいの気持ちで切り抜き、「ぼかし機械」を通じて、ラインをぼかします。

 

そんなふうにすると、ぼかしたわけと、手前の人様もののばらまきがよくなり、自然に見えるでしょう。

 

写真店舗は、結構各種ことが出来ますから、ご自分で試してみてくださいね。

 

 

 

フォト会社で逆光写真を入れ替え

ムービーストアーによってぼかすその2

 

みなさんはデジカメでよくムービーを記録する方ですか?
いまや、取扱方法も簡単になり、値段も安くなりました。

 

お年寄りでも気軽にデジカメが使える望ましいご時世として、沢山の人がデジタル映像を楽しんでいると思います。

 

さて、デジカメは撮ったその場で直ぐ審査出来ることがポイントですが、あの悪いディスプレイでちょっと見ただけではわからないことがありますよね。

 

賢く撮影した腹づもりが、帰宅して端末でチェックしてみたら、全然ダメだったとか、そういったときもあります。

 

中でも光の使い方は素人ですと厳しいようです。

 

ほんとに、人に頷けるのは裏光にならないようにする周囲ですよね。

 

ですが、この裏光、被写体が動けない状態など、必ずしも裏光で記録するしかないケースもあるでしょう。

 

裏光で暗くなったムービー、また、日陰で暗く写ってしまったムービーやなど、至極残念です。

 

 

ですが、このようなムービーも写真業者の機能を使えば、ついに明るくすることが出来るのです。

 

これから、その方法をご紹介しますから、ぜひ、トライしてみて下さいね。

 

道程の明るさ変えず、暗く写っているヒューマンものだけ明るくしてみましょう。

 

 

まず、最初の作業です。

 

写真業者の「模様」から、「色調補正」として、そして「次元補正」をします。

 

これで、映像トータルが明るくなります。

 

「次元補正」では、最高峰右手、そして、中央にある三角のスライダーを左手に動かします。

 

映像トータルが明るくなったら、OKです。

 

写真業者には、存知の方も多いでしょうが、目次機能というものがあります。

 

 

 

写真業者で別光写真を改訂続き

ムービーストアーによってぼかすその2

 

今までやった作業を記憶してくれていて、それがリストになっています。

 

編集をやり直したい場合、はじめまで還る必要がなくなるのです。

 

あるパーツを選択してそこまで還ることが出来るのです。

 

 

ここで、そのヒストリーパレットを使います。

 

ヒストリーを開くと、「解く」そうして「階級補正」、この2つしか作業をしていないので、ヒストリーにはこの2つしかないでしょう。

 

その「解く」をクリックください。

 

ムービーが、「階級補正」で明るくする前に戻ります。

 

また映像が暗くなってしまいますが、これはこのままで大丈夫です。

 

次に、「階級補正」の左手側にボックスがありますから、そこをクリック。

 

ヒストリーブラシが出てきます。

 

まずは、ここで装具バーから、ヒストリーブラシを選びます。

 

再度、ブラシを「ソフトエッジ」に変更して、大きさを使いやすいように開きします。

 

そうして、顧客ものだけを塗りつぶして行くのです。

 

このチャンス、ブラシの「不透明ごと」を50百分率くらいに下げ塗っていきましょう。

 

はみ出さないように丁寧に塗りましょう。

 

 

さて、この作業がおわったら、ブラシで塗ったパーツだけ、最初に設定した階級補正で明るさが帰りえます。

 

やはり、風土のトーンは、そのままです。

 

どうでしょうか?
それほどしんどい作業ではないと思います。

 

別光のムービーだったとしても、簡単には諦めず、では写真店頭で作業してみましょう。

 

そう考えてみたら、今までボツとしてしまった映像、僕はなんともありました。

 

写真店頭と短く出会っていたらよかったのにと思います。