ムービーストアーで斜めの写真を正す

ムービーストアーで斜めの写真を正す

デジカメのやり直しがたとえ簡単になったからと言っても、我ら門外漢には見逃しがつきものです。

 

さすがにピンボケは自動で直してくれるので、今のデジカメでは短いでしょう。

 

ただ、フォルムが問題ですよね。

 

側に堂々取り込み目指すものが、角度がずれてしまい、斜めに写ってしまったケースも多いと思います。

 

顧客が立っているフィルムもふと角度が斜めになっていることも多いのでは、と思います。

 

確かに、敢えて角度を変えて取り込みするときもありますが、ケアレスミスでそれほどなったフィルムはとても残念なものです。

 

 

ここでは、斜めになってしまった映像を、フィルムサロンで改変するやり直しをご紹介ください。

 

これで多分、望ましいフォルムのフィルムになります。

 

せっかくのダイアリーのフィルム、簡単に捨ててしまわずに、それでは改変にチャレンジしてみましょう。

 

 

映像をフィルムサロンで変わり、それでは「ものさし設備」を使います。

 

フォトショップツールバーに、「ものさし設備」があります。

 

スポイト設備の下に軽装、隠れている設備です。

 

映像の中で、フラットにしたい点がありますよね。

 

たとえば、顧客がそこに立っているのなら大地とか、海の映像ならフラット線とか、建ものとか、目安になるものを決めます。

 

目安になるフラットのものがない場合、全体的に見て、堂々かどうか判別するしかないでしょうね。

 

「ものさし設備」を通じて、フラットにしたいシルエットをなぞります。

 

エンター、ドラッグして引っぱります。

 

 

最後まで引っぱって、終わりで手段を離します。

 

長さは関係ありませんから、完全に端から端までいく必要はないので、大地なら、大地の一部で大丈夫です。

 

 

 

フォトショップで斜めのフィルムを正す続き

ムービーストアーで斜めの写真を正す

 

引っぱり終わると、上の添え物バーに数キーワードが出ますが、それは気にせずにいてくださいね。

 

縦を修正したいときも、同じ編集です。

 

立っているもので真面目だと感じるものをなぞれば良いのです。

 

ビルの垣根とか、柱とか、そういうものをなぞれば大丈夫です。

 

 

「雰囲気」から「画像循環」を選考します。

 

ダイアログボックスが出ますが、先ほどの添え物バーにある数有難みと同じ数有難みが出ていることに気づくと思います。

 

あとは、可能リンクだけで、画像は真っ直ぐに改正されているはずです。

 

 

もちろん、画像がまっすぐになったパイ、縦横にブランクが出てしまいます。

 

これは当然なことです。

 

そのブランクがなくなるように、また、ここから写真ショップにおいて修正しましょう。

 

 

写真ショップの「切り抜きアプリケーション」を選択して、画像を囲みましょう。

 

このうち、添え物バーでは「遠近法」の分析を外しておきましょう。

 

払える近辺だけ囲んで切り抜くと、画像が小さくなってしまいますよね。

 

 

それが不快人は、ブランク近辺を残して切り抜きましょう。

 

そうして、そのブランク近辺を画像とおなじような色彩として、画像の領域を繰り返すのです。

 

空とか海でしたら、スタンプアプリケーションでぺたぺたしてブランクを空の延長にすることも出来ます。

 

 

悪く斜めになっている画像は、修整後者、切り抜いたら小さくなってしまうので、その辺は確信が必要ですね。

 

レタッチの手法があれば、ブランクも怖くないでしょうね。

 

レタッチも勉学、勉学で賢くなると思いますからグングン挑戦しましょう。

 

 

 

フィと店舗でぼやけた映像を治す

ムービーストアーで斜めの写真を正す

 

とにかくフォトをスキャナーで読み込んだケースなど、そうですが、映像がぼやけてしまっている時がありますよね。

 

当然、デジカメで撮った映像もぼやけている場合があります。

 

我々は小児のころのフォトを、スキャンして仲間に掲示することがあるのですが、だいたいがぼやけたフォトです。

 

このような場合、体型もくっきりせず、フラストレーションになりませんか?
そんなケースもフィルム店先で少しは改善されるのです。

 

 

さて、フィルム店先でくっきりさせたいフォトを開きます。

 

次に、「ムード」から「ムード」として、もう一度「LAB色調」と退職します。

 

そうして、局パレットを開きます。

 

ここで「局A」を選択しましょう。

 

 

ここの局で「フィルター」から「ぼかし」、そして、余計「ぼかし(ガウス)」を選考します。

 

半径の個数に数ワードを含めるのですが、ここではそのフォトの大きさが目安になります。

 

1MB毎に1ピクセルとして計算してみましょう。

 

その映像ファイルのボリュームが10MBなら、10ピクセルと設定します。

 

修正したいフォトによってボリュームが違うだから、これは各回確認が必要です。

 

 

局Bにおいても、同じようにぼかします。

 

「L局」を選択し、「フィルター」から「シャープ」、そして、「アンシャープマスク」を選び選択ください。

 

個数は、かさが170百分率、そして、半径は、0.8とか、1.0とか、適当に1.5くらいまで設定してみます。

 

映像のムードですが、「ムード」から「ムード」でRGB又は、CMYKに変えます。

 

これですっきりとしたフォトになりました。