オウンドメディアの作り方

オウンドメディアの作り方

マーケティング手法として一番トピックされているオウンドメディアの作り方をかんがえてみましょう。

 

この言葉が出てきたのは近頃のことですが、オウンドメディアという特にな作り方があるわけではございません。

 

つまりは、自社で所有しているコンテンツをどんな形で応用者に使用してもらうかが大切です。

 

今までは単なる宣伝として自社のHPを作っている会社が大半でした。

 

そのメディアを見たとしても、応用者には大半メリットがなかったでしょう。

 

ですが、オウンドメディアが目指しているこというのは応用者の見地です。

 

何らかのメリットを求めて、あなたの会社のHPにアクセスしていることを把捉しなければなりません。

 

それではどんなメリットがあるでしょうか。

 

専門業者によってその内容は大きくチェンジしてきます。

 

例えば、ポイントをもらえるとか割引券が印刷出来る等の単純なことだとしてもいいでしょう。

 

自社のケースはどうなのかをかんがえてちょうだい。

 

それが分かればオウンドメディアの作り方は難しくございません。

 

インターネットで検索してみると、外部の専門業者にオウンドメディアを委託したケースころが少なくございません。

 

それが悪いのではなく、コンセプトだけはちゃんとおさえておくことが大切です。

 

何の為にHPなのかということです。

 

情報を提供しているこというのは重大ですが、その情報を獲得することによって応用者にメリットが出てこなければなりません。

 

自分たちの見地に立っているだけでは把捉出来ません。

 

応用者の見地に立つことです。