オウンドメディアと広告

オウンドメディアと広告

アフィリエイトサイト等に広告を提供しているだけで、大きな効力があると期待するこというのは無理が有ります。

 

当然、ある程度の効力は有りますが、それ以上をかんがえるならばオウンドメディアの応用が大切となってきます。

 

今までのマーケティングのかんがえ方をすすめなければならない、新しい段階に入ってきたと言えます。

 

広告の効力をまずかんがえてちょうだい。

 

テレビの例で分かるように、いつも目にしたり聞いたりしている品物は誰だとしても覚えています。

 

そして、その品物をオーダーするようになるでしょう。

 

アフィリエイトサイトの広告にも同じ効力を期待しているでしょうが、いっぱいのサイトがあるため目立った効力が期待出来ません。

 

そこで単純な広告だけじゃなく、オウンドメディアの応用が大切となってきます。

 

オウンドメディアは自社所有ですので、他社の情報は含まれません。

 

どんな作り方をおこなうかにも制限がございません。

 

制限がない分だけ作り方をかんがえなければならないということです。

 

どうすることで消費者のトピックを集めることが出来るかをかんがえてちょうだい。

 

マーケティングを理論的に分析してオウンドメディアという言葉が提唱されているのですが、容易に言えば自社のHPのアクセス数を増やすことです。

 

それも持続的なアクセスでなければなりません。

 

応用者に能動的にアクセスしてもらうためのシステムの作り方が大切です。

 

具体的な作り方は色々なサイトの情報を確かめてちょうだい。

 

手法的に難しいことではなくコンテンツの明確化が必要です。