REGZA Phone IS04

REGZA Phone IS04

auのスマホシリーズ「REGZA Phone IS04」の案内です。

 

大画面でテレビと同じREGZAの美しい映像を楽しむことが出来ます。

 

12.2メガカメラを採用している防水対応のスマホです。

 

超解像度のモバイルレグザエンジンの3.0を採用している機種です。

 

YouTubeの動画やワンセグの画像を高画質で楽しんでいただけます。

 

フルセグ録画した番組をSDで持ち出して「REGZA Phone IS04」で視ることが出来ます

 

逆にスマホで録画した写真をテレビ、パーソナルコンピュータで再生することも出来ます。

 

従来の携帯電話でのシステム、赤外線、Eeメイルやワンセグ、おさいふケータイ、カメラ等今まで通り爽やかに使用することが出来ます。

 

携帯電話からスマホにするケースではもユーザビリティーに不安を感じ取れること言うのはありません。

 

ホーム画面は自分がやりたいことにすぐアクセス出来る表示画面になっています。

 

画面を指でスライドさせればeメイル、新着確認、よくみるWebサイト等を表示することが出来ます。

 

その上ボタン1つ押すだけでTwitterやmixiに動画をUPさせることも出来ます。

 

コミュニケーションツールが充実している機種です。

 

OSとしてはAndroid2.1を採用しています。

 

Flashコンテンツやも使用することが出来ます。

 

通信方式には今までのEV-DOをハイ・スピード化させた「WIN HIGH SPEED」対応となっています。

 

カメラは有効画素数1219万画素に対応しています。
REGZA Phone IS04メールの仕組みを中心にネットの使い方などを解説していきます。

パナソニック

REGZA Phone IS04

 

パナソニックが2011年にスマホ市場に進出したケースでは発表しました。

 

自社創り出したAndroidスマホをニホン国内の市場に登場させます

 

パナソニックは近頃AV機材から生活家電まで実に幅ワイドカテゴリーでは電化生産品を取り扱っています。

 

これらの手順を活かしてAV志向用に高システムモデルのスマホともう1つ日常生活では楽なシステムを取りそろえたスマホの2部類を準備しています

 

合わせて従来の携帯電話に対しても、AVシステムを強化したモデルや本体の薄さを探求したモデルなどの開発も続けて行くやうです。

 

パナソニックではスマホがニホン国内ではここまでの市場を獲得したケースではは予想をしていなかったやうです。

 

それによってスマホ市場への参入が遅れたやうです。

 

スマホ市場は2011年からより一層加速して成長したケースでは予想されています。

 

パナソニックが準備するのはAndroid採用のスマホです。

 

その中だとしても他作製者に対抗する目的でも、パナソニックらしさを持つ端末にしていきます。

 

パナソニックの技芸を終結したスマホ、1つはAV志向用にAV融合型のスマホです。

 

薄型テレビのVIERA、デジタルカメラのLUMIXなどの技芸をうまく活かした機種になります。

 

3Dディスプレイ、フルHD動画録画、AV機材との連携等に優れたシステムで差別化を図っています。

 

もう1つ一般向けのモデルとして、薄型テレビ、レコーダー等だけでなく冷蔵庫、エアコンといった生活家電と連携させている機種もあります。

 

これらの機材の監視や制御はスマホを利用して手元で一括管理出来る等セキュリティ面で活かすことが出来るようになっています。

 

医療や教育等に対しての情報収集も行なえるようになっていて主婦や若い女の人をターゲットとしています。
パナソニックメールの仕組みを中心にネットの使い方などを解説していきます。

市場

REGZA Phone IS04

 

近頃、携帯電話などのモバイル市場が急成長を遂げています。

 

いまやその勢いはパーソナルコンピュータ市場を上まわるとも言われており、スマホ等を使用する若者のパーソナルコンピュータ離れも危惧されるほどとなりました。

 

スマホ市場には、マイクロソフトやUPルグーグルなどの大手パーソナルコンピュータ関連、ネット関連専門業者が参入しています。

 

プラットフォーム、OSに対してもUPル社のiPhone、マイクロソフトのWindows Mobile、グーグルのAndroid、シンビアンのSymbianがあります

 

携帯電話作製者で見てみると、NTTドコモのケースではWindows Mobile、Blackberryといったビジネスシーンに大大活躍する端末を準備しているので法人ニーズが高いのを特徴としています。

 

ソフトバンクのケースではは逆に個人をターゲットとしています。

 

iPhone 3G、Windowsケータイといったイロイロな端末を準備しています。

 

近頃のスマホ市場をけん引している存在と言えるでしょう

 

もう1社auもスマホ市場に参入しているので、3大キャリアが揃ってスマホ市場に参入したことになります。

 

他にもスマホではパイオニア的存在ともいえるウィルコムのケースでは、通信費の安さを売りとしています。

 

通信速度はハイ・スピード化をはかり、価値は低価値を実現して急成長を遂げています。

 

グーグルの提携しているAndroidの登場によって、スマホ市場はさらなる発展を遂げたのです。

 

いまでは新機種の殆んどにAndroidが導入されています。

 

たった数年でスマホ市場は大きくチェンジを見せています。