スマートフォン選びのポイント

スマートフォン選びのポイント

イロイロな機種のスマホがあるなか、どれをオーダーしようかかなり苦しむとおもいます。

 

スマホは新しければいいと言うわけではありません。

 

スマホのシステムやデザイン性、経費を考えて総合的に判断することが大切です。

 

スマホ選びのポイントとして、1つめは利用お目当てで選択することです。

 

ビジネスで主に使用するのか、インターネットを中心として利用したいのか、AVシステムをよく利用したいのか等各々のお目当てに存在した端末があります。

 

スマホは携帯電話やパーソナルコンピュータと比べると自由な扱い方を楽しむことが出来ます

 

携帯電話みたいに会話することができたり、パーソナルコンピュータみたいにインターネットをおこなうことができたり、より一層TwitterやFacebookなどのコミュニケーションツールを利用することも出来ます。

 

インターネットをよく使用すると言う人のケースでははば、液晶画面は大きい方が見易いとおもいます。

 

ビデオや写真等をよく視る人、編集する人のケースでははば、画像解像度がきれいな方がいいとおもいます。

 

アニメーション動画等をパーソナルコンピュータと同じように利用したい人のケースでははばFlash10.1が入っているものがいいです。

 

Flash10.1を選びたいときにはAndroid2.2の端末を選択するといいです。

 

Twitter等をよくする人は、待受け画面からワンタッチ表示でハンドリング出来るものが楽だとおもいます。

 

こんな風にしてスマホの活用方式は、自分が楽しみたいとおもう使途を考えてそれに合った端末を選択することがポイントです。
スマートフォン選びのポイントメールの仕組みを中心にネットの使い方などを解説していきます。

スマートフォン選びのポイント2

スマートフォン選びのポイント

 

スマホ選びのポイント、2つ目は自分に存在したスマホのスタイルや大きさで選択することです。

 

毎日使用するものだから、毎日持ち歩くものだから、自分に存在したスタイルのものを選択することがかなり大切になってくるのです

 

使い勝手をいいと感じ取れるか悪いと感じ取れるかそれは十人十色です。

 

自分にちゃんと合ったものを選ばないと、折角スマホに多様なシステムがついていてもそれを使いこなせなくて面倒になってしまうこともあるからです。

 

eメイルやTwitterあるいはOfficeのWORDやEXCEL等言葉入力をよくする人のケースでは、キーボードが付いていたほうが入力を楽におこなうことが出来ます。

 

しかしながら大きな大きさのものは携帯たくないと言う人のケースでは、キーボードを内蔵していて必要なときにだけスライドさせて使用することが出来る機種があります。

 

スライド式になっているQWERTY配列スタイルのキーボードが付いている機種もあります。

 

スマホが初めての人にも容易に扱えるユーザビリティーの良さが売りのスタイルです。

 

ハンドリングボタンも邪魔になると言う人は、液晶にボタンもパネル化したフルフラットなデザインがおススメです。

 

このスタイルは液晶大きさも大きいのでWeb等を閲覧したケースではきにも爽やかにみることが出来ます。

 

あまり大きな大きさのスマホは持ち歩行たくないと言う女の人の為に女の人にやさしい小ぶりで軽量なスタイルの機種も準備されています

 

おさいふケータイやワンセグ等楽システムはそのままに小ぶり化された端末は女の人に大好評があります。
スマートフォン選びのポイント2メールの仕組みを中心にネットの使い方などを解説していきます。

スマートフォン選びのポイント3

スマートフォン選びのポイント

 

最後2つのスマホ選びのポイントを案内します。

 

3つ目はタッチパネル式がいいのか、キーボードがあった方がいいのか、ユーザビリティーを重視して選択することです。

 

特にお勤めで使用することが沢山ケースでは、ユーザビリティーの良し悪しでお勤めの効率が変化してきてしまいます。

 

スマホのユーザビリティーを考えてみると、タッチパネル式と非タッチパネル式の2つにわけることが出来ます。

 

タッチパネル式のケースでは、画像を拡大するのも縮小するのも、画面をスクロールさせるのも全部をタッチハンドリングでおこなうことになります

 

モーションセンサーがついている端末ならばスマホの傾きを変更するだけで縦横表示を切り替えることが出来ます。

 

非タッチパネル式のケースでは、従来の携帯電話とほぼ同じ感覚のキーハンドリングで使用することが出来ます。

 

キーボードに対してはQWERTYキーボードともう一つテンキーにわけることが出来ます。

 

QWERTYキーボードはキーがパーソナルコンピュータと同じ配列になっているのでパーソナルコンピュータに慣れている人には爽やかな言葉入力が出来ます。

 

長文eメイルもやすやす出来ますし、お勤めで文書製作をおこなうときにもかなりやり易いとおもいます。

 

4つ目としてはドコモやソフトバンク、au、ウィルコム等キャリアから選択することです。

 

キャリアによって通話サービスや通信サービスに差異があります。

 

端末もキャリアによって差異ます。

 

キャリアによってスマホのシステムやデザイン、使い勝手、品質、料金等全く差異ます

 

スマホをうまく活用する目的では、キャリアごとの端末の差異、特徴を捕捉した上で選択することが大切ですのです。