レンタルサーバーとプロバイダの違い

レンタルサーバーとプロバイダの違い

プロバイダとしてホームページを設けるに関してが近年ある程度増えてきています。

 

これはいかなる事なのかというと、プロバイダがサーバーと同じサーバーの提供および管理サービスを通しているという事です。

 

その為、プロバイダのサービスでホームページやブログを立ち上げた人は、サーバーはプロバイダのサービスの一部の事、と誤解している人も結構いるのではないでしょうか。

 

確かにそんな面もありますが、基本的には誤解と言えます。

 

プロバイダは飽くまでインターネット接続業者という肩書きであって、サーバー提供サービスは専門ではありません。

 

 

専門ではないは、案の定サービスも完全ではないという事です。

 

その為、プロバイダが提供するサーバーの場合、その容量はかなり小さくなります。

 

おんなじ無料のサーバーと比較しても、容量、サービス内容共々少ないと言えます。

 

従って、ある程度の規模のホームページを向き合う場合は、プロバイダではなくサーバーの利用をお勧めします。

 

 

また、プロバイダの場合はcgiの利用ができない、大きな制限があるについても手広く見受けられます。

 

cgiが利用できないと、Flash、JavaScriptといった動的な表現ができなくなります。

 

ブログやホームページ作成において、これは大きな制限と言えるでしょう。

 

 

こういった制限を承知してあり、なお小規模の個人サイトを決めるのであれば、プロバイダ提供のサーバーで問題はありません。

 

ただ、動画を扱ったり、商用利用したりする場合は、サーバーの利用が必須です。