レンタルサーバーのバックアップ体制

レンタルサーバーのバックアップ体制

バックアップは、通常は、利用者が個々で行っておくものです。

 

パソコンが壊れた場合、紛失した場合などを指し、中のデータを他のディスクに移しておくという保険というものですね。

 

個人、法人を問わず、バックアップは終始取り置く必要があります。

 

サイトにアップされたデータはどうなのかというと、これらは全てサーバー会社が管理しているので、かりに自分のパソコン、会社のパソコンが故障しても、問題なくそこにあり続けます。

 

 

従って、このバックアップはサーバーは無関係…なのかというと、本当はそうとも限りません。

 

というのも、サーバーといえども完全ではないからです。

 

もし地震などが起きてその会社のパソコンが潰れてしまった場合は、そのサーバー会社が管理しているデータは全て吹っ飛んでしまいます。

 

また、サーバーの扱っているパソコンは非常に頑丈で巨大ですが、でも寿命はあります。

 

寿命が尽きれば、当然データも消えてしまいます。

 

 

こういった事も指し、通常はサーバー会社はデータのバックアップサービスを提供しています。

 

絶対に消えてはならないデータに関しては、DVDなどのメディアにバックアップを取ってくれるサービスがあるので、これを利用すると万が一の事態にも対応出来るのです。

 

 

個人サイトの場合は、かりに消えてしまっても、どうにかなるでしょう。

 

但し法人の場合、仮に顧客のデータが消えてしまえば、どうにもなりません。

 

従って、バックアップサービスを提供しているサーバー会社による方が良いでしょう。