メールマガジンのバナー

メールマガジンのバナー

インターネットのWebページを見るとバナー宣伝と言うものがたくさんある。

 

殆どがバナーと言うWebページも多いはずだ。

 

バナーをクリックすることによって、別のWebページへ誘導する仕組みだ。

 

そして、バナーを掲載しているWebページの管理者に報酬が支払われると言う仕組みだ。

 

メールマガジンにもバナーをつけているものがある。

 

一般的にはメールマガジンにはリンクがある。

 

メールマガジンとWebページでは宣伝の有効度合いが異なっています。

 

メールマガジンは興味を持っている読者だけが読んでいますから、その関連の商品等があればクリックする確率が高くなるのだ。

 

平常のWebページであればそのバナー宣伝とWebページの内容が必ずしも一致していない場合もありますし、そのWebページを見ている人がバナーに関心がない場合も多いにあるのだ。

 

メールマガジンの目的は記事の内容を広めることではなく、リンクからのWebページへの誘導だ。

 

新聞で考えれば宣伝チラシなのだ。

 

その内容を見て興味を持った人が店を訪れると言うことなのだ。

 

メールマガジンが流行る理由はそこにある。

 

読者を絞り込むことによって、宣伝の有効性を高めると言うことなのだ。

 

ですが、多くの人はメールマガジンを購読していますが、実際に読んでいる人は少ないと言われています。

 

開封率はメールマガジンを読んだ割合だ。

 

そして、読んでリンクをクリックしてくれる割合はもっと少なくなる。

 

その為にたくさんのメールマガジンを発行することになるのだ。

 

メールマガジンを発行している企業はその作業の多くの時間と労力を費やしています。

 

ききめを上げるための方式をよく考えなければならないのだ。