共用レンタルサーバーと専用レンタルサーバー

共用レンタルサーバーと専用レンタルサーバー

サーバーには、共用サーバーと専用サーバーがあります。

 

この2つにはそれぞれ特徴があり、メリット、デメリットが存在しています。

 

これをしっかり理解した上で、どちらを選ぶか決めると良いでしょう。

 

 

共用サーバーは、一つのサーバーを多数のユーザーが利用するタイプのものです。

 

アパートもののものを想像してください。

 

一つのサーバーを一気に複数の人が利用するので、案の定容量は小さめとなります。

 

ただ、小さめといっても個人サイトを利用する上ではほとんど当たりまえ容量の確保が十分可能です。

 

法人であってもモウマンタイでしょう。

 

その為、個人はやはり、法人も、共用サーバーが利用される頻度は厳しいといえます。

 

 

一方、専用サーバーは、一つのサーバーを、自分、あるいは一個の契約者が利用出来るというタイプのものです。

 

その為、基本的には制限はなく、自由に利用できます。

 

これによって、共用サーバーでは利用できなかった様々なコンテンツやサービスも利用可能となります。

 

しかし、とっても価格はお高めです。

 

 

この2つの利用者だが、個人が利用する場合は、一旦間違いなく共用サーバーを選ぶべきでしょう。

 

個人で専用サーバーを選択するのは、全然サーバーに関する知識が長けていて、もっとサーバーの様々な機能の使用を必要としている人のみです。

 

通常は共用サーバーで十分なサービスが受けられます。

 

それに対し、法人の場合はケースバイケースです。

 

何百ギガバイトもの容量が必要な場合は、専用サーバーでなければ厳しいかもしれません。