共用と専用のそれぞれのメリット、デメリット

共用と専用のそれぞれのメリット、デメリット

共用サーバーの場合、そのメリットは何といってもコストです。

 

現在、サーバーはかなり格安で提供されていますが、その全ては共用サーバーです。

 

ひと月数百円という価格が実現するのは、共用サーバーならではといえます。

 

 

但し、共用サーバーの場合は利用できない様々なコンテンツがありますし、あまり大きな負荷をかけられないという制約もあります。

 

その為、転送量にも制限が設けられますし、多くの閲覧者がまわる等してその量を超えてしまうと、締め出されて利用できなくなる可能性もあります。

 

 

一方、専用サーバーの場合は、そんな心配は一切ありません。

 

負荷がどれくらいかかっても大丈夫ので、安心して商用利用もできます。

 

ただ、コストがかかってしまうのが難点です。

 

とはいえ、少し前まではひと月数万円くらいはしていたのに対し、今では数千円で提供している会社も出てきています。

 

それにより、以前は完全に法人向けのサービスだった専用サーバーも、現在では個人でも利用出来るくらいの価格設定にはなっています。

 

一際、極めてみんなを呼び込むポータルサイトやコミュニティサイトを立ち上げたいという人にとっては、専用サーバーの設置が必要となってくるでしょう。

 

 

サーバーは、近年大いに価格破壊が進んであり、利用者にとってはうれしい時代になってきています。

 

サービス内容も多様化しているため、価格だけでなく様々なコンテンツやサービスを見た上で決めると良いでしょう。