最近のサブドメイン事情

最近のサブドメイン事情

サーバーにおいては、サブドメインと独自ドメインの両方が取得可能です。

 

サーバー会社の会社名や他の様々な特定の名称がついたサブドメインと、徹頭徹尾そういった付加のない独自ドメイン、どちらがますますお得かを契約前にしっかりと確認しておきましょう。

 

 

サーバーと契約する人の多くは、独自ドメインを取得するようです。

 

独自ドメインの管理もサーバーに一任すれば、料金の支払いに関しても一体化できますから、とっても楽です。

 

料金自体も特に安いので、個人で利用している人も多くなってきています。

 

 

サブドメインの場合には、ほとんどが無料で利用出来るので、個人での利用はこちらがまだ主流です。

 

プロバイダではなく、サーバーを選択しておいてサブドメインを利用するについては、以前であればちょっと珍しかったですが、今は割と増えています。

 

というのも、サーバーのサブドメインが、近年選択肢を増やしてきているのです。

 

 

以前は、サブドメインというと、大体その会社の名前が入っているドメイン一択でした。

 

ただし今では、会社名にこだわらず、様々な名称を用意しておいて、その中から選ばせるという方法を採っているサーバー会社が増えています。

 

するとサブドメインも個性が醸し出し易くなり、全然抵抗なく利用出来るかと思います。

 

さすがに商用目的の場合は難しいですが、個人サイトであればこちらの方が良いかもしれません。